母の、尿失禁の原因と対策

こんにちは。

yonagaです。

スポンサーリンク

本日は久しぶりの土曜日の休日です。

土日連休って、なぜか嬉しいですよね。

私の休日の時に、認知症の母をデイサービスに出しています。

仕事のある日にデイサービスに出す事は時間的に無理だからです。

デイサービスにお世話になるようになって、

今日は333回目です。

ゾロ目です。

数字が揃って、なんか分からないけど嬉しいです。

デイサービスのお世話になるにあたって

私は、連絡帳を独自で作りました。

家での母の状況やデイサービスへの要望などを記す為です。

A4のリングノートで今は3冊目です。

毎回、連番を付けて一言二言、

その日によっては、ノート1ページになる事もあります。

最近、デイサービスから戻ってくると

「本日、夕方ころに尿失禁があり、デイサービスの紙パンツをはかせました」

という回数が多くなってきました。

なぜだろう。

温泉からあがって、きちんと尿漏れナプキンをパンツにあててくれているのだろうかと

疑ってしまいます。

いや、施設の方々はとても良い人ばかりだから

そういう手抜きは無いだろうと思い直しました。

そこで、先日、ノートに書いてみました。

現在使用している尿漏れナプキンよりももっと厚いのにすればよいだろうか。

また、尿漏れした時の状況も分かったら教えてほしいと。

現在、55ccのナプキンを使用しています。

家ではそれで十分です。

しかし、もしかして、出先では120ccとかの

もっと厚いのが必要なのかなと思いました。

母と一緒に戻ってきた連絡ノートにどんなことが書いてあるのか

ワクワクしながら開きました。

すると、

失禁の状況は、

パンツを下した直後とか、

終わってパンツを上げようとした時に

まだ少しお腹におしっこが貯まっていたのかそれが漏れた時だそうです。

そうか!

今まで、「尿漏れでパンツやズボン下を濡らす」という事は

尿漏れナプキンをもっと厚い物に替えるべきかとばかり考えていましたが、

おしっこをする前、またはした直後にも

尿漏れの危険があることが分かりました。

そして、温泉から上がった時用の着替えを持たせていますが

失禁した後の対策用に、あと一組持たせても良いかもとノートに書かれていて

尿漏れした後の対策も考えなければいけないと分かりました。

つまり、

尿失禁の「原因」は「ナプキンの厚さ」だけではなく、

「失禁前後の状態」もあるのだという事。

そして、

「原因」ばかりに私は目が行っていましたが

「失禁後の対策」も必要だという事。

連絡帳で会話することにより、これらに気が付きました。

冷静に考えれば、当たり前の事でしたが

私の頭の中では「尿失禁」に対する考えはこれだけでした。

母の尿失禁の場合

「原因と思われる事」

 ・パンツを下した瞬間

 ・おしっこが終わってパンツを上げようとする瞬間

 ・尿漏れナプキンの厚さが不足

「その対策」

 ・パンツとズボン下をもう一組持たせる

自分だけの考えだけでは物事は偏りがちになると反省しました。

自分の考えを言葉にしたり、文字にしたりして

他かからの反応をいただくことで

新たな発見があり、成長していくのだと思います。

アルツハイマー型認知症の母の介護は大変な事もありますが

学ぶこともたくさんあります。

本日も、読んで下さりありがとうございました。

それではまたお会いしましょう。

yonaga(世永)でした。

「読みましたよ!」とクリックしていただければ嬉しいです!

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OL(子供あり)へ

クリックありがとうございます(*^-^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする